中学校の教育科目

将来を左右するかも知れない学科

義務教育とはなんぞや?について考えていきます。

将来を左右するかも知れない学科

理系の代表的な科目と言うのは「理科」なんですよね。自分の中で「国語」の反対側に「数学(算数)」があったので、どうして「文系」と「理系」なんだろうと思っていました。
中学校で学習する理科というのは〔第1分野〕と〔第2分野〕がありますね。第1分野と言うのはいわゆる「物理」などです。また、科学・化学や力学なども学習して行きます。このときに元素記号を覚えた様な気がします。現在でも「すいへーりーべー…」と歌って覚えるのでしょうか。対して第2分野は植物・動物の種類や生活・進化、そして大地についてや気象について学習します。生命の事もこの科目ですね。自分が中学生のときはこの理科の第2分野で天気図の読み方を学習したのですが、学校で習った後は暫くの期間、毎朝新聞の天気図とにらめっこしたものです。この好奇心が続き、継続していれば自分ももしかしたら気象予報士になっていたかも知れません。そう思うと改めて中学校での学習が将来に大きく左右するのかも知れないと認識させられてしまいます。

2015/09/16 02:16:17